マカの優れた効果とは

 

南米アンデス山脈の標高4,000〜5,000メートルに自生していたマカは、現在マカの需要の拡大に伴い、標高3,000メートルくらいの高地でも栽培できるようになりました。

 

このように空気が薄く夜間は夏でも零下に冷え込む環境ですので、樹木や草花はほとんど育ちません。

 

マカ

植物が育ちにくいと言うことは、他の植物に大地の栄養を吸収されないと言うことです。

 

大地の栄養を一人占めして育ちますので、マカは栄養豊富な野菜なのです。

マカに含まれる栄養素

 

日本食品分析センターによると、一般的なマカ粉末100gには、アミノ酸としてグルタミン酸が730mg、アスパラギン酸が670mg、アルギニンが610mg、アラニンが390mg、リジンが310mg含まれています。

 

また、タンパク質は11.3g、カルシウムは586mg、ビタミンEは150mg、鉄は11.5mg、亜鉛は7.93mg、ビタミンB2は0.76mg、銅は31.0μg含まれており、非常にバランスよく栄養素が含まれている野菜と言えます。

たくさんの栄養素がもたらすマカの優れた6つの効果!

 

このように、たくさんの栄養素がバランスよく含まれているマカは6つの優れた効果がある野菜なのです。

 

6つの優れた効果

  • 精力強壮効果
  • 疲労回復・ストレス解消効果
  • 神経障害の予防効果
  • 貧血予防の効果
  • 更年期障害の症状改善効果
  • 美肌効果

 

 

マカに含まれる成分のひとつ亜鉛の効果

マカの効果が感じられるまでに必要な時間とは

マカの効果ありと効果なしの見極め方

マカが女性に与える影響とマカが合わない女性

マカを摂取すると妊娠しやすくなるのか

マカの精力強壮効果

 

カップル

マカと言うと、不妊治療に効果的とか、精力を増強させる効果があるなどのイメージを持つ人も少なくないでしょう。

 

確かに、マカの精力強壮作用は特筆すべきものがあり、はるか昔インカ帝国では未婚の男女はマカを食べてはいけないとされていました。

 

マカによって性的機能が活発になることを防ぐ意味があったのです。

 

マカに含まれるアスパラギン酸は、エネルギー代謝を活発にさせる効果を発揮します。

 

エネルギー代謝が活発になると疲労が早く回復し、性的活力も向上すると考えられます。

 

また、アルギニンは成長ホルモンの合成には欠かせないアミノ酸です。

 

成長ホルモンの合成を促すことで、活発な精子を大量に生み出す効果があります。

 

アルギニンが不足すると、精子の数が著しく減少することも知られています。

 

同じくマカに含まれるアミノ酸のリジンは、糖代謝を促進する作用をします。

 

糖代謝がスムーズに行われますと疲労も早く回復しますので、性的活力向上には欠かせない成分と言えます。

 

この必須アミノ酸の1つでもあるリジンは、人間の体内で合成することができません。

 

つまり、食物を通して毎日摂取する必要があるのです。

 

マカ粉末やマカのサプリメントを摂取することで、リジン不足に陥ることも避けられるのです。

 

マカに含まれるビタミンEも、精力強壮効果に優れた栄養素です。

 

ビタミンEはアンチエイジング効果に優れていることでも知られていますが、これはコレステロールを分解し動脈硬化を予防する働きがあるからです。

 

この働きはアンチエイジングだけでなく、ホルモンのバランスを整える際にも必要となります。

 

ビタミンEを摂取することでホルモンのバランスが整い、生殖機能も正常な状態になるのです。

疲労回復・ストレス解消効果

 

マカにはビタミンB群やカルシウム、そしてアンチエイジングに優れた効果を発揮するビタミンEが含まれています。

 

これらのビタミンやカルシウムは、全て自律神経を正常に整える働きを示します。

 

自律神経が正常であるならば、睡眠時間や環境が通常と少し変わっても体内リズムを保つことができます。

 

体内リズムを保つことができると、環境の変化や睡眠時間の減少にもストレスを感じにくくなるのです。

 

ストレスに対する耐性が高まると、適応能力が向上しますので疲労も早く回復します。

 

ビタミンB群とビタミンE、そしてカルシウムを十分量摂取することが、疲労回復とストレス軽減に役立つのです。

神経障害の予防効果

 

ナトリウムやカリウム、カルシウムやビタミンB12が体内で不足すると、神経系統の働きが衰え、知覚障害や末端部分のしびれが生じることがあります。

 

このように人間の神経系統には、ビタミンやミネラルをバランスよく摂取することが非常に重要になっているのです。

 

マカにはナトリウムやカリウム、カルシウムやビタミンB12が理想的なバランスで含まれていますので、神経系統を正常に保ち、集中力を高めて知覚障害を防ぐ効果も期待できるのです。

貧血予防の効果

 

マカには鉄分や銅も豊富に含まれています。

 

これらの金属製の微量元素が不足すると、貧血になりやすくなります。

 

血液の中の赤血球に含まれるヘモグロビンが酸素を吸着して体内の必要な部分へ届けますが、ヘモグロビンを合成するためには鉄分と銅が必要不可欠なのです。

 

つまり、鉄分や銅の微量金属元素が不足すると、ヘモグロビンが十分に合成されず、血液中の酸素不足つまり貧血状態に陥ってしまうのです。

 

赤血球はヘモグロビンだけでできているのではありません。

 

赤血球のもととなる赤芽球が十分に作られることで、赤血球も生成されるのです。

 

この赤芽球が赤血球に合成される過程には、ビタミンB12が必要とされます。

 

ビタミンB12も豊富に含まれるマカを積極的に摂取するなら、赤血球もヘモグロビンも適切に生成することができるのです。

更年期障害の症状改善効果

 

更年期障害の症状のひとつである頭痛

人によって個人差はありますが、女性の場合は閉経期前後、40代前半から50代前半にかけて更年期障害の症状を感じることがあります。

 

頭痛や動悸、肩こりや腰痛、のぼせやほてりだけでなく、症状が重い人は、不眠になったりうつ状態になったりすることもあります。

 

女性ホルモンの乱れからくる更年期障害の症状も、マカで改善することができるのです。

 

マカに含まれるアミノ酸の一種アルギニンは、ホルモンバランスを整える効果を発揮します。

 

更年期の女性が摂取することで、ホルモンバランスの崩れからくる頭痛や動悸といった更年期特有の症状を軽減することができるのです。

 

また、マカには植物エストロゲン(フィトエストロゲン)と呼ばれるイソフラボン類が含まれています。

 

本来エストロゲンは卵巣から分泌されるホルモンですが、植物エストロゲンは植物に含有されているにもかかわらずエストロゲンと同様の効果を発揮するのです。

 

つまり、マカを摂取することで女性ホルモンを投与したのと同じように、更年期障害の緩和や美肌効果、乳がんの予防効果、骨粗鬆症の予防などが期待できるのです。

マカには美肌効果も!

 

生殖機能だけでなく、貧血予防や神経系統の調整など、生きて行く上で欠かせない効果が多く含まれるマカ。

 

このオールラウンドに効果を発揮するマカには、美肌効果もあるのです。

 

マカに含まれるアミノ酸の1種アルギニンには、体内のタンパク質の合成だけでなく成長ホルモンの合成にも大きく関わっています。

 

アルギニンを必要量摂取することで、細胞の再生も活発に行われ、みずみずしい美肌を保つことができるのです。

 

美肌に関係する栄養素はアルギニンだけではありません。

 

マカにはビタミン類やミネラル類もバランスよく含まれています。

 

特に美肌に欠かせないビタミンとして人気のビタミンB群とビタミンEが豊富にあることも、マカの大きな特徴でもあるのです。

 

不妊だけでなく、自律神経の調整や貧血の予防などにも優れた効果を発揮する、「マカ」。

 

気になる症状がある人はもちろん、普段の健康を維持したい人にもオススメの植物と言えます。

 

日本ではマカのサプリメントが簡単に手に入ります。

 

賢く摂取して、美と健康に役立てて行きましょう。