マカのサプリメントが不妊にもたらす効能

 

アンデス原産のアブラナ科の野菜、「マカ」。

 

その優れた成分と効能が、日本でも広く知られるようになってきました。

 

妊活中のカップル

特に、不妊で悩む方たちにはマカが良いと言われています。

 

マカのどのような効能が不妊に作用するのかを探っていきましょう。

不妊に効果的なマカの成分

 

マカには様々な体に良い成分が含まれていますが、その中でもビタミンB群・ビタミンE・カルシウム・リン・鉄・亜鉛が特に豊富にバランスよく含まれています。

 

これらのビタミンやミネラル類は、体内リズムを整え、食欲不振や不眠・疲労感を解消し、アンチエイジング効果も期待できる成分です。

 

ですが、マカの優れた成分はこれだけではありません。

 

マカに含まれるアミノ酸の一種である「リジン」「アルギニン」「デキストリン」が、不妊に非常に大きな効果を発揮するのです。

アミノ酸の母と呼ばれるリジン

 

マカに含まれるアミノ酸の成分、一つ一つの効能について見て行きましょう。

 

まず「リジン」ですが、「アミノ酸の母」とも呼ばれる人間の生活に欠かせない成分です。

 

リジンには、女性の生殖機能を活性化させる効果があり、リジンを摂取することで受胎能力を向上させる効能もあるのです。

 

まさに不妊に悩む女性に必須の成分と言えるのです。

アミノ酸の父と呼ばれるアルギニン

 

人間の体は、成長ホルモンの影響を受けて正常な発育をします。

 

だからと言って成長ホルモンは、骨や筋肉を増大させる必要がある成長期の子供だけが必要なのではありません。

 

成長ホルモンは細胞の再生や脂肪の燃焼にも大きく作用しますので、美肌やアンチエイジング、ダイエットにも効果があると注目されているのです。

 

この成長ホルモンの分泌を促すのがアルギニンです。

 

アルギニンを適度に摂取することで成長ホルモンが必要量分泌され、成長期のこどもには正常な発育を、大人には健康的な肌と体を与えてくれるのです。

 

成長ホルモンは、アンチエイジングやダイエットにだけ効果があるのではありません。

 

成長ホルモンが活発に分泌されている女性は、卵子も正常に成長し、月経時の痛みや月経不順、排卵障害も改善されると報告されています。

 

また、成長ホルモンが男性において活発に分泌されていると、精子数が増えるだけでなく、動きの活発な精子がつくられるようになります。

 

また、勃起障害の改善にも、成長ホルモンは作用します。

血流を良くするデキストリン

 

デキストリンはでんぷんを分解させる作用をします。

 

分解させることで血流を良くしますので、血行が悪い方には効果的な成分と言えます。

 

勃起障害のある男性がデキストリンを適量摂取しますと、陰茎の血流が良くなり自然な勃起が望めます。

 

また、血流が良くなると言うことは、冷え症の方にも効果的な成分だと言えます。

 

冷え症が改善されると、女性ホルモンの乱れから起こりがちな頭痛やのぼせ、ほてり、動悸などの症状も緩和されます。

 

そして血流が良くなることで女性ホルモンの乱れも改善され、女性の生殖機能の活性化へとつながるのです

服用する場合は男女ともに飲むのがオススメ

 

一昔前までは子どもが生まれないと、女性に問題があると言われることが多々ありました。

 

ですが現在では、男性も女性もどちらも同じ程度の確率で、問題を抱えている可能性があることが分かっています。

 

不妊に悩むカップルは、男性も女性もどちらも状況を改善する努力をする必要があるのです。

 

マカは不妊に悩む男性にも、不妊に悩む女性にもそれぞれに効果がある植物です。

 

マカのサプリメントを服用する場合は、男女ともに飲むのがオススメと言えるでしょう。